ルイボスティーがアトピーに効果があるって本当ですか?

ルイボスティーといえば、若返り効果だとか美容に効果があったり、便秘解消やダイエット効果もあるといううわさがちらほら聞こえてきますが、実はアトピー改善にも効果があるって知ってました?
詳しく紹介してみましょうね。

 

 

☆ルイボスティーには栄養がたっぷり

 

 

ルイボスティーには、ミネラルがいっぱいです。亜鉛をはじめ鉄分やカルシウム、マグネシウムなど、私たちの体に必要なミネラルが多いのです。
このミネラルが痛んだ皮膚の修復を促進してくれます。

 

また活性酸素を除去する働きもありますね。
アトピー性皮膚炎で過剰な反応を起こし活性酸素は大量に放出されます。この活性酸素を除去してくれるので、過酸化脂質が減り、皮膚炎に効果があります。

 

特に、亜鉛。
亜鉛は皮膚の新陳代謝を活発にし、修復するという働きがあります。

 

なので、ルイボスティーを毎日水代わりに、水分補給のために、または一息つきたいときのティータイムに飲むことで、お肌の修復は促進されていくというわけです。

 

 

ルイボスティーは1日に2,3杯飲むと良いと言われます。
毎日続けて飲むことで効果が表れやすいので、習慣化させてみましょう。

 

また、ティーバッグは煮出したほうが栄養がたっぷり出てきて良いとか。
ティーバッグは冷やすときにもつけたままが良いそうですよ。

 

最安値はここにある!アトケアプロをお得に買う方法♪

 

 

☆ルイボスティーが「かゆみ」にも効果がある?

 

 

そうなんです。かゆみを抑えてくれる働きがルイボスティーにあるというのです。
ルイボスティーを毎日飲むことで、アトピーなどの症状を改善していくことができますが、すぐに消したいかゆみの場合には、直接「塗る」と即効性があります。

 

直接塗るか、もしくは、溶液に浸すわけですが、30分ほどでかゆみが治まると言います。
アトピーによるかゆみだけではなくじんましんやあせもなどにも効果がありますよ。

 

ティーバッグなど、飲んだあとのものを、直接お肌につけたりするのも効果的だといいますね。

 

 

そこで、ルイボスティー風呂を紹介してみましょう。
ゆず湯とか、レモン湯とか、牛乳風呂とか食品をお風呂に入れることもありますよね。

 

ルイボスティー風呂に入ることで、かゆみを抑えることができたり、アトピーの症状改善にもつながります。

 

ルイボスティーをやかんで15分煮出し、高めの温度のお湯を張った湯船に入れます。

 

それだけのことなのですが、熱さなどは調節してくださいね。

 

ただ、ティーバッグを直接肌につけたり、ルイボスティー風呂を試すのは良いのですが、人によっては合わない場合もありますので、心配な方は医師と相談してからのほうが安心ですよ。
合わないと思ったらすぐにやめましょう。

 

 

天然のものであらゆる面で体と美容に良いとされるルイボスティーですから、毎日飲むことから始めてみても良いですよね。