アトピーや乾燥肌の人に良い入浴方法とは?

アトピーや乾燥肌の人たちに良い入浴方法って特別なことがあるのでしょうか?
やはり普通の人とはちょっと違ったポイントがあるんですね。これから紹介しますよ。

 

 

☆タモリ式入浴法

 

え?そんなのがあるの?ってちょっとびっくりしたのですが、これがなかなか良いということで評判になってます。
芸能人のタモリが実践している入浴法なのでこの名前がついたとか。
いったいどんな入浴法なんでしょうか?

 

 

簡単に説明すると、湯船に10分以上つかるだけの簡単入浴法です。
お湯の温度は39〜40度くらい。ぬるいかなと感じるくらいが良いそうです。

 

肌も石鹸などを使って洗わずにお湯だけで洗います。

 

こうして10分以上つかってるだけで、80%の汚れは落ちるそうです。
このタモリ式入浴法によって、ニキビが減ったり、皮脂の量が減ったり、お肌が柔らかくなるといった効果があります。
さらには体臭も緩和されるとか。

 

お金もかからずにできる方法なので、気軽に試せるところもいいですね。

 

 

☆入浴剤を使う

 

いくら良いといってもただのお湯につかるだけじゃつまらない、癒しの時間だから香りなども重要視したいし、入浴剤をいれてあったまりたい、ということもありますね。

 

入浴剤を使いたいときには、入浴剤選びに神経を使います。
セラミドや保湿オイルなどが配合されている入浴剤、そしてできるだけ、天然の成分が配合され、添加物などが入っていない、いわゆる肌にやさしい成分が入った入浴剤を選ぶようにしたいですね。

 

お湯の温度も36〜39度とぬるめがおススメ。熱いお湯は乾燥のもとになります。
時間も20分以内が良いですよ。

 

湯船につかるだけでも汚れが落ちるので、ボディシャンプーなどで体を洗うのも週に2,3回で良いかも。

 

 

☆ボディタオルの刺激を少なく

 

ボディシャンプーは天然成分のものを使っているけど、ボディタオルはナイロンで・・なんていうのは効果も半減してしまいますね。
ボディタオルも刺激の少ないものにしましょう。綿などの天然素材を使ったボディタオルが良いですよ。

 

 

☆入浴後の30分が勝負!

 

刺激の少なくして入浴を終えたあと、30分というのが勝負の時間です。
何かというと、この時間内に保湿をしましょうということです。

 

さらに言えば、3分以内がベストです。
タオルドライの直後3分以内に保湿性の高いローションなどを塗ると良いですよ。

 

もっと早くしたいという場合には、バスルームから出る前に、タオルドライする前にオイルを塗ると良いんです。
さらにめんどくさがり屋さんには、油分の入った入浴剤を洗面器に溶かしておいて、最後のかけ湯にするだけでも効果はありますよ。

 

 

 

簡単にできる入浴法を紹介しました。今日から実践してアトピーや乾燥肌の悩みに別れを告げましょう。